2011年07月22日

東京探訪記〜一日目〜

tanbouki.jpg
去る7月16〜17日、東京ビッグサイトにて行われたイベント FEEL SO GOOD。
3月にも一度行われ、筆者も行こうかと思ったのですが、事情があって断念。
苦渋を舐め続けながら、この時まで、待って待って待ち惚け。

遂に行ってきました! 東京フィルソ!
大阪探訪記のように、ちょっとしたレポートを添えて、その記録をお届け致します



飛行機での旅はもう慣れたもので、機内で如何にして時間を潰すかどうか
とりあえず事前にツイッターのフォロワーさん・白さんと待ち合わせしていたので、埼玉県の大宮で合流することに。

さて、羽田空港に到着したはいいのですが、自分を待ち構えていたのは尋常ならぬ蒸し暑さでした。
しかも、外に出る前から札幌の夏日をゆうに越える、じわりとくる熱気。
だがしかし、真の蒸し暑さと熱気と日差しに恐れ慄くのは、外に出てからのことなのでした……

錆び付いた船舶、ひしめく高層ビル群と、モノレールからの景色に興奮しながらまず第一の目的地である浜松町に到着。
駅のホームに差し掛かった瞬間襲ったのは、サウナにでも入ったかのような感覚。
改めて「ここ……屋外だよね?」と錯覚してしまう程の気温でした。
温い場所でまったり育っていた北海道民には、想像もつかない程の外気温です。
列車を乗り換えるだけの移動でさえ、相当に辛い。
しかしながら乗ってしまえば列車内はクーラーもついているので後は楽なものです。
次の大宮はうとうと揺られながら、50分くらいで到着しました。
列車に何分か揺られてはい他県というこの感覚、実に新鮮です。

大宮駅のシンボル螺旋状のオブジェ・まめの木の前で待ち構えていたのは、白さんと、そのフォロワーさん二方。
白さんはなかなかお声が素敵な方でした。
適当に挨拶した後は、彼らの案内でゲーセン巡り。
大阪に行った時も思ったのですが、都内のゲーセンは密度が北海道に比べてずっと濃い!
ゲーム機の感覚が狭くて、一種のカルチャーショックです。
第一のゲーセン・BIG APPLEにて、つてんさんと店内対戦。
自選曲のスパイラルステアーズが初見だとのことで、大分空気を読まない戦いをしてしまいました……申し訳ない。

続いて別のゲーセンに移動。フォロワーさん二方と白さんの寺観察。
観察を決め込んでいたのですが、遠征エリアも増えるだろうと自分もひとプレイ。
何時の間にかLincle Linkの隠し曲が出ていてにんまりしました。

そして次のゲーセン、モアイへ。名前だけなら随分昔に聞いたことがあったなあ。まさか来ることになるとは。
ここではポップンをプレイさせていただいたのですが、なんとカード一弾が入荷していました。
北海道ではどこも再入荷なんてしてないのに……うぎぎ!!
ちなみにここのポッパーさんは非常にやばい腕の集まりでした。忍者メタルパフェワンチャンとか正気の沙汰じゃない。

ポップン後は、フォロワーさん二方と別れ、白さんと共に噂のラーメン屋・次郎へ。
様々な方の発言から、とりあえず凄まじいラーメンだということは予想していたのですが……
これまた野菜がこんもりと盛られた、太麺という、通好みの仕様。
アレを全部食い切った白さんがすごい。あ、自分が小食なだけかもしれませんが!!
とりあえずの晩飯後は、東京ミッドタウンにあるというコナミスタイルへ行くことに。
埼玉から東京へ、そこそこの距離を移動しなければいけません。
経路を調べながら白さんと共に大宮駅へ戻ろうとしたのですが、迷子に。
コンビニの店員さんに、駅の場所をお尋ねしたら……なんと進路とは真逆の方向に進んでいたことが発覚。
この時から、コナスタに行けるかどうかの、タイムアタックが始まりました。
急ぎ足で店員さんの導き通りに引き返し、大宮駅へ。コナスタの閉店時間は21:00。
所要時間の関係で、大体到着は閉店15分くらい前と算段。
まあ、移動手段は殆ど電車なので、急ぐことはできず、移動は順調に進みつつも、無常に時間は過ぎていく……。
そんな中、もう一人のフォロワーさん、三文さんも、東京ミッドタウンに向かっていらっしゃるとの報せ。
到着の時間からして、合流はコナスタになるかなと想定しつつ、急ぎ足で移動。
見事、閉店15分前にコナミスタイル到着、そして三文さんともご対面! 簡単に挨拶をしてから、店内へ。
内装は、白いフロアがとても清潔感に溢れていて綺麗。もっと広いかと思ったのですが、必要最低限の装飾で、こじんまりとした佇まいも素敵です。
買うもの(小次郎とししゃものミニマスコット)買って、改めて三文さんとご挨拶。
想像していた以上に饒舌なお方でした。ツイッターの印象とは全然違う!
さて、コナスタも閉まり、これからの予定どうしようかと迷ったその時、三文さんが一言「新宿か……」
お話によると、新宿には音ゲーのメッカがあるというのです。
時間もあるので、次の目的地はそこに決定、移動開始。
完全おのぼりさんな自分にとって、三文さんの的確な道案内は大助かりでした。
新宿駅など、本当にダンジョンそのものでしたから。

さて、音ゲーのメッカたるタイトーステーションに到着。
5Fは音楽ゲーム専門のフロアということで、ワクワクしながらエレベーターを出たら……
待ち構えていたのは8台の指に6台のポップン! 北海道ではこんな場所ありませんでした、カルチャーショック!
予め待ち合わせていたという、とげさんともご対面。一度お会いしたことがあるので、再会と言った方がいいでしょうか。
これで役者は大体揃った所で、三人で店内対戦。オジャマ乱れ飛ぶ対戦で、負けはしましたが、楽しかったです。
続けて熱帯とコインを入れた瞬間、突如脇腹に奇襲攻撃。
曲中でなかったからよかったものを、何をすると後ろを振り返ると「やあ」と落ち着いた挨拶。
声の主は、大阪遠征の時は大変お世話になっていたにゃむさんでした! 嗅ぎ付けられたのでしょうか! 相次ぐ衝撃の再会。
そして最後に、にゃむさんとリフレクで対戦(無論全敗)し、フォロワーのろあさんと、マッチングの時間を合わせて対戦できました。
「本物のかねひろさんだ」と言われた時は、正直な気持ち、照れくさい反面嬉しかったですね。。

タイステから離脱、今日会った方々と別れ、ホテルへと出発……したはいいのですが、地図もあるというのに道に迷ってしまいました。
明かりも何もないし、人通りの少ない道路は不気味だし、近くの運河はまた深夜なものだからおどろおどろしくて……
この歳で言うのもアレなんですけれど、非常に怖かったです。
だから、ホテルに着いた時はこの上ない安堵感を覚えました……。



とまあ一日中動き回った遠征1日目でしたが、なかなかに密度が濃くて楽しかったです!
次の日のフィルソへの、いい発破にもなりましたしね。

次回へ続く
posted by あらかねひろ at 21:21| 北海道 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。